トップページ > 新着情報
新着情報のイメージ
2016/3/8お知らせカテゴリー
「ごみの分別・リサイクルについて」を更新しました
札幌ドームでは、2016年3月1日からごみ分別後の処理方法を一部変更し、プラスチック(ポリプロピレン)カップを新たにプラスチック製品へと再資源化することとなりました。

従来、札幌ドーム館内で発生したプラスチックカップ(以下プラカップ)は固形燃料として処理しておりましたが、2014年より再生プラスチックへの再資源化に向けて調査研究を行っておりました。その結果、再生実験および品質検査を経て、このたびプラカップをプラスチック製品へと加工できるめどが立ち、国内で再生利用されることとなりました。

なお、リサイクルポスト(分別ごみ箱)の「プラカップ」の穴に入らないカップ(※)は「容器包装プラスチック」へ、よごれが多いものは「一般ごみ」に捨ててください。

今後も、循環型社会に向けた取り組みの一環として、ごみの分別・リサイクルに積極的に取り組んでまいります。引き続き、ごみ分別における皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

(※)デザート用カップやアサヒスーパードライエクストラコールドの専用カップなど。
札幌ドームのプラスチック(ポリプロピレン)カップとは材質が異なり、再生プラスチックへの再資源化が困難なため、これまでと同様に固形燃料として処理されます。(一部よごれが多いカップは除く)

■ごみの分別・リサイクルについてはこちら
■循環型社会に向けた取り組みについてはこちら