札幌ドーム開業10周年記念 札幌ドーム こども絵画展


2011年に実施いたしました第1回こども絵画展では、157点のご応募をいただき、29点の入賞作品を決定いたしました。
(入賞者の学年は2011年9月現在のものです。)

 

小舘 加乃莉 さん (2年生)
「コンサドールズ」
作品に対するコメント・感想
今年は、サッポロドームでおどれなかったので絵の中でおどりました。
     
審査員のコメント
  素直な表現の作品。
  揃えた足がとても上手に描かれ、女の子たちの楽しそうな様子が伝わってくる。
 
 
鈴木 俊太朗 さん (3年生)
「みんなでたすきをつなげ!!」
作品に対するコメント・感想
これは、6時間リレーマラソンでぼくが1周2kmのコースを走っているところです。正面から走ってくる人、絵の中のぼくがはをくいしばっているところなどがうまくかけました。かそうがすごい人やバナナをたくさんもっている人がいて楽しかったです。
     
審査員のコメント
  リレーマラソンに参加したときの楽しかった思い出が深く残っているということが感じられる。
  色がとても丁寧に塗り重ねられていて、その色使いがすばらしい。
 
 
横田 翔 さん (5年生)
「ニッポン オ〜レ〜」
作品に対するコメント・感想
サッポロドームで試合を見てきた中で一番心に残った試合が日韓戦です。とてつもない数のサポーターが一つになって応えんしたのがすごいと思いました。ぼくも日本代表になってだいかつやくしたいです。
     
審査員のコメント
  大きなドームが一枚の絵の中にうまく表現されている。
  国旗の揺らめきから、とても盛り上がったサッカー日本代表戦の躍動感や臨場感が伝わってくる。