札幌ドーム 文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

トップページ > 札幌ドームMVP賞ファン投票 > サッカー部門
札幌ドームMVP賞
今シーズン 札幌ドームで最も活躍した選手をファンとともに選出!
札幌ドームMVP賞 2014 ファン投票!!
 
 
 
 

◆候補選手別・札幌ドーム開催公式戦(16試合)および今季通算(40試合)での成績
※第41・42節を除く

 
   
 
上段 札幌ドーム 16試合(※第42節除く)
下段 今季通算 40試合(※第41・42節除く)

背番号 選手名 年齢 ポジ
ション
出場
試合数
出場時間
(分)
得点数 シュート
シュート
決定率
備 考
1 金山 隼樹 26 GK 10 900 0 0 - 主に5月以降にゴールマウスを守った。札幌ドームでの失点の少なさは金山の思い切った守備の証。一戦ごとにDF陣との連携も強化され、ホームでの堅守札幌を印象づける働きであった。
27 2370 0 0 -
8 砂川 誠 37 MF 11 541 1 8 0.1250 攻撃の起点となる活躍を見せ、ラストパスの正確さがチームの得点に大きく貢献した。限られた出場時間の中でもシュートを放つ積極性で、札幌に流れを引き寄せるシーンも多く見られた。
29 1401 4 22 0.1818
10 宮澤 裕樹 25 MF 15 1342 1 13 0.0769 攻守の要であるボランチとして、安定したチーム力を生み出す原動力となっていた。第40節時点での今季通算出場試合数(38試合)、出場時間(3357分)はチームトップ。
39 3447 1 35 0.0286
11 前田 俊介 28 FW 15 1057 4 21 0.1905 相手のタイミングをずらしながら、チームの攻撃のリズムを組み立てるプレーが光った。今季札幌ドームで得点を挙げた4試合は2勝2分けとすべて負けなしで、ホームゲームで力を存分に発揮した。
29 1891 4 29 0.1379
13 内村 圭宏 30 FW 10 678 2 21 0.0952 4月5日の松本戦での怪我が響き、戦列復帰後も途中交代が多かったが、持ち味のゴールへの執念を感じさせるプレーは健在であり、何度も相手守備陣を脅かすシュートを放った。

※2013年度にも札幌ドームMVP賞を受賞しており、今回受賞すれば2年連続2度目となる。

27 1617 5 37 0.1351
14 上原 慎也 28 DF 10 900 2 11 0.1818 高さを武器に攻守にわたって存在感を見せた。8月25日に札幌ドームで開催された栃木戦ではドリブルから右足で鋭いゴールを決めるなど、DFでの出場ながらも高いシュート決定率を残した。
27 2264 3 29 0.1034
19 石井 謙伍 28 MF 16 1067 1 17 0.0588 今季はサイドバックでの出場機会が多く、献身的な守備が目立つ一方、サイドから駆け上がる果敢な攻撃も効果的であり、相手に脅威を与えた。札幌ドーム開催の全試合に出場(第40節時点)。
36 2402 3 35 0.0857
20 上里 一将 28 MF 8 586 2 13 0.1538 正確な左足のキックは大きくサイドを変えて何度も攻撃の起点となった。10月26日に札幌ドームで開催された湘南戦では、思い切り良く左足を振り抜いてゴールを決め、上里のシュートの精度を見せつけた。
24 1830 3 28 0.1071
23 奈良 竜樹 21 DF 15 1350 0 2 0.0000 昨季に続き、DF陣を統率した。今季は1対1の強さが増したことに加え、ポジショニングの良さが全体の堅守に大きく貢献した。
37 3330 0 4 0.0000
39 都倉 賢 28 FW 14 722 8 36 0.2222 札幌ドーム開催試合ではチーム最多となる8得点を挙げた。アウェイゲームも含め、今季得点を挙げた10試合は9勝1分けとすべて負けなし。ヒーローインタビューでの熱いコメントが札幌ドームで何度も高らかに響いた。
35 2185 12 81 0.1481
   
  ◆札幌ドーム開催公式戦の試合結果と得点者
 
  開催日 対戦相手 試合結果 コンサドーレ得点者
第2節 3月9日(日) モンテディオ山形 1-1 前田 
第4節 3月22日(土) ギラヴァンツ北九州 3-0 内村、内村、上原
第6節 4月5日(土) 松本山雅FC 1-0 都倉 
第8節 4月20日(日) ザスパクサツ群馬 1-0 前田 
第10節 4月29日(火・祝) 東京ヴェルディ 0-0 なし 
第12節 5月6日(火・休) ロアッソ熊本 2-2 前田、砂川
第13節 5月12日(月) 愛媛FC 0-1 なし 
第15節 5月25日(日) 水戸ホーリーホック 4-0 石井、都倉、上里、ヘナン
第22節 7月20日(日) 大分トリニータ 1-1 宮澤 
第24節 7月30日(水) 横浜FC 0-1 なし 
第26節 8月10日(日) 京都サンガF.C. 0-1 なし 
第28節 8月25日(月) 栃木SC 1-1 上原 
第30節 9月6日(土) V・ファーレン長崎 2-1 都倉、都倉
第33節 8月25日(月) ファジアーノ岡山 3-1 都倉、前田、都倉
第38節 10月26日(日) 湘南ベルマーレ 2-0 都倉、上里
第40節 11月9日(日) カマタマーレ讃岐 1-1 都倉
第42節 11月23日(日・祝) ジュビロ磐田 未開催
   
  これまでに寄せられた各選手への投票理由 (※ごく一部を抜粋しています)
 
候補選手 投票理由
金山 隼樹選手
何度もピンチを救った、2014年の守護神。彼がいなければ、もっと失点していた場面が多々あった。そう思うと金山選手しかいないです!
コンサドーレの守護神 なくてはならない存在です!! 試合中も常に声をあげて 躍動感あふれている選手だと思います!! ファンにも とてもあたたかく、握手は両手でしてくださいますし、明るい笑顔は見ていてとても嬉しくなります♪
そんな金山選手はみんなの人気者だと思いますし、何よりチームからも愛されていると思います!! これからもずっとコンサドーレで頑張って欲しいです!!
GKとしての神セーブはもちろんですが、 ファンサービスも神対応!
砂川 誠選手
今年のコンサドーレに無くてはならないキープレイヤー。
フリーキックからの得点、何度もピンチをたすけてもらいました。
ベテランらしい プレーで チームの柱となってガンバっていた。 来年もガンバって!
宮澤 裕樹選手
怪我なく試合に出続けているフィジカルの強さと、舵取りのうまさがずば抜けているから。
何気ないパスやフェイントでも魅せてくれて試合観戦が楽しかった。
ゴールを決めるだけがサッカーじゃないと改めて感じさせてくれたから。コンサドーレの縁の下の力持ち。
大分戦の見事な崩しからの宮澤選手のゴールが忘れられません。 出場時間も圧倒的に長く、コンサドーレに欠かせない選手になった一年だったのではと思います。 これからもコンサドーレでプレーを続けて欲しい!
前田 俊介選手
やっぱ天才。ボールを持つと毎回何かやってくれるんじゃないかとワクワクさせてくれる。
攻撃において、前田選手がいるとリズムができ、前田選手個人としてもボールを奪われないから。
前田選手の一つ一つのプレーに魅了され、心奪われた。 彼以上に魅せるプレイヤーを私は知らない。
内村 圭宏選手
今季は成績が伸びていないけど、内村こそ札幌のエースだから。
今年はケガなどあって 全試合でれてないけど 、コンサドーレのFWになくてはならない選手です!
できれば、来期もコンサドーレでMVP賞とってください。
怪我で出場機会が少なかったが、華麗なボールさばきは健在だった。相手チームにもプレッシャーだったと思う。
上原 慎也選手
ディフェンスながら得点、アシストが多くチームに貢献したと思うから。
確実なパス。いつでもゴールを狙う事が出来る。
ピッチの中を走り続け、攻守共に貢献していたと思います。怪我をしてしまい、現在はリハビリ中ですが、今季の札幌ドームでの姿は印象的でした!
石井 謙伍選手
いろんなポジションを上手くこなして、勝ちにこだわる姿勢がみられるから。
攻撃・守備ともに、ボールに向かう執念とスタミナを見せつけてくれたから。
愛媛から戻ってきてくれた石井ちゃんに1票。今年は入籍もしたし、来シーズンの大活躍に期待!!
上里 一将選手
あの湘南戦のゴールはMVPに決まってる。
攻守の要として、活躍したので。
中盤の要として頑張っている。サイドチェンジの時の正確なパスは見ていて最高です。これからも頑張ってください。
奈良 竜樹選手
出場試合数、出場時間ともにクラブトップクラスの労働量で、また内容も守備の要としてクラブに大きく貢献したから。
文句なしに、今年のコンサのディフェンスの要となっていた。また、守備だけでなく、カウンター攻撃で、相手ゴールに向かい駆け上がって行く姿に、勝ちたいという気持ちが強く感じられた。
安定した守りに守りからの攻撃参加。消極的になりがちなチームの中で積極性を見せチャンスも作るなど見ていてゲームを面白くするプレーが多かったので。
都倉 賢選手
幾度となくチームを勝ちに導くゴールをきめてくれたから。また、勝利への熱い気持ちを見せたプレーを90分間最後まで続けてくれるから。
気迫溢れるゴール、素晴らしいゴール、今年は都倉選手から数多くの感動的なゴールを頂きました。新たなミスターコンサドーレとして、都倉選手に1票です。
今季のコンサドーレの主役といえば都倉選手です! 間近で見た10/26の湘南ベルマーレ戦で決めたゴールはコンサドーレのJリーグ戦通算1,000ゴールというのもあり、ホントに印象深いです。
   
  投票する