札幌ドーム 文字の大きさ文字サイズ小文字サイズ中文字サイズ大

トップページ > 札幌ドームMVP賞ファン投票 > サッカー部門
札幌ドームMVP賞
今シーズン 札幌ドームで最も活躍した選手をファンとともに選出!
札幌ドームMVP賞 2015 ファン投票!!
 
 
 
 

◆候補選手別・札幌ドーム開催公式戦(18試合)および今季通算(40試合)での成績
※第41・42節を除く

 
   
 
上段 札幌ドーム 18試合(※第42節除く)
下段 今季通算 40試合(※第41・42節除く)

背番号 選手名 年齢 ポジ
ション
出場
試合数
出場時間
(分)
得点数 シュート
シュート
決定率
備 考
5 櫛引 一紀 22 DF 16 1440 0 4 - 一年を通して不動のセンターバックに成長し、積極的に指示を出すなどディフェンス陣を統率した。最終ラインでの安定したポジショニングと徹底した相手へのプレッシャーで何度もピンチを跳ね返した。
35 3138 0 5 -
9 都倉 賢 29 FW 14 1163 7 45 0.1556 札幌ドーム開催試合ではチーム最多となる7得点を挙げ、言わずと知れたコンサドーレの得点王。長身を活かしたポストプレーや左足でのシュートでゴールネットを揺らした。

※昨年にも札幌ドームMVP賞を受賞しており、今回受賞すれば2度目となる。

32 2655 11 93 0.1183
10 宮澤 裕樹 26 MF 17 1488 2 15 0.1333 攻守の要であるボランチとして、安定したチーム力を生み出す原動力となっていたが、今季は特に攻撃の意識の高さが目立った。第40節時点での今季通算出場試合数が(37試合)、出場時間(3277分)とチーム2位。
37 3277 4 30 0.1333
13 内村 圭宏 31 FW 16 1017 4 32 0.1250 9月12日(土)の横浜FC戦では、2ゴールを奪う活躍で四方田監督体制でのリーグ戦初勝利に貢献。また、持ち味の自ら仕掛けるドリブル突破で幾度もサポータ―を魅了した。

※2013年度にも札幌ドームMVP賞を受賞しており、今回受賞すれば2度目となる。

35 2093 7 50 0.1400
17 稲本 潤一 36 MF 14 932 0 3 - ベテランらしい視野の広さと読みの深いプレースタイルは卓越しており、守備では粘り強いディフェンスを披露し、また精度の高いパスで攻撃の起点となり、チームを牽引した。
29 1946 0 12 -
24 福森 晃斗 22 DF 18 1620 2 17 0.1176 精度の高いクロスでゴールを演出するなど、チームの勝利に大きく貢献した。アシストだけではなく、自らシュートを放つ場面も見られ、3月21日(土)の福岡戦では自身のゴールが決勝点となった。また、チーム内出場ランキングトップ。
37 3309 3 25 0.1200
25 ク ソンユン 21 GK 16 1440 0 0 - 夏場にスタメンを外れた時期もあったが、長身を活かしてゴールマウスを守った。抜群の反射神経に加え、正確なポジショニングと冷静な判断で、幾度となくコンサドーレのピンチを救った。
32 2880 0 0 -
31 堀米 悠斗 21 MF 15 1282 0 8 - 今シーズンはボランチだけでなく、サイドでのプレーも増え、ポリバレント(多価)なプレーヤーとしてチームに貢献した。5月3日(日)のジュビロ磐田戦では内村選手のゴールをアシストするなど、攻撃面での活躍も目立った。
34 2807 0 20 -
38 前 寛之 20 MF 6 476 2 4 0.5000 C大阪、大宮を相手にゴールを奪うなど、大一番で自身の存在感をアピール。出場時間は少ないが、攻撃的なミッドフィルダーとしてしっかりと守備をしながらも、攻めの場面では思い切って前に向かう姿も印象的。
13 978 2 5 0.4000
   
  ◆札幌ドーム開催公式戦の試合結果と得点者
 
  開催日 対戦相手 試合結果 コンサドーレ得点者
第2節 3月15日 V・ファーレン長崎 0●1  
第3節 3月21日 アビスパ福岡 2○1 都倉、福森
第5節 4月1日 京都サンガF.C. 1●2 ナザリト
第6節 4月5日 東京ヴェルディ 1△1 ナザリト
第8節 4月19日 水戸ホーリーホック 1○0 都倉
第11節 5月3日 ジュビロ磐田 3○0 都倉、都倉、内村
第13節 5月9日 ロアッソ熊本 2●3 都倉、都倉
第16節 6月1日 セレッソ大阪 1△1 前(寛)
第19節 6月21日 ギラヴァンツ北九州 1△1 宮澤
第20節 6月29日 大分トリニータ 1△1 内村
第22節 7月8日 大宮アルディージャ 2●3 古田、前(寛)
第24節 7月18日 カマタマーレ讃岐 0●1  
第26節 7月26日 愛媛FC 0●1  
第29節 8月15日 ファジアーノ岡山 0△0  
第31節 9月12日 横浜FC 2○0 内村、内村
第34節 9月27日 ザスパクサツ群馬 0△0  
第39節 11月1日 ジェフユナイテッド千葉 3○2 福森、石井、上原
第40節 11月7日 徳島ヴォルティス 2○0 宮澤、都倉
第42節 11月23日 栃木SC 未開催
   
  これまでに寄せられた各選手への投票理由 (※ごく一部を抜粋しています)
 
候補選手 投票理由
櫛引 一紀 選手
今季、奈良選手のあとを埋めるためによく頑張ったと思ったので。
ディフェンダーとしてしっかり最後の砦の意識を持って闘っていた。来シーズンはもっと一対一に強くなってほしい。
苦しかったでしょうけれど一年間の頑張りは必ず来シーズンに繋がります。
都倉 賢 選手
最多得点であることはもちろん(^_-) 都倉選手の都会的な雰囲気が おしゃれで、斬新な札幌ドームのイメージにぴったりだと思いました(*^o^*) 都倉選手が札幌ドームでゴールをすると、なまら盛り上がりますね〜\(^o^)/
毎試合、得点を入れられるように頑張っている姿が目立っていました!コンサドーレが今の順位にいるのも都倉選手のおかげです!
やはりチーム最多得点!今年からコンサドーレファンになって試合に足を運ぶたびに輝かしい活躍を見れました!都倉選手がゴールネットを揺らすとき本当に大興奮でした!
宮澤 裕樹 選手
シーズン通して安定したプレーでチームに欠かせない存在。今季は10番らしい印象的なゴールもあった。特に札幌ドームでの北九州戦のゴールは圧巻。
今年の宮澤は、「覚醒」の二文字がぴったり。 実は今、チームで一番いないと困る選手! これは間違いない!
高校サッカーの北海道決勝戦で見た彼が札幌の10番を背負いチームに欠かせない選手になりました。どこ出身の選手でももちろん応援していますが、道産子選手初のMVPは宮澤選手で!
内村 圭宏 選手
印象の強さ。札幌のエースで勝ちなしのチームを救った試合があったから。
前線での駆け引きや献身的な守備が素晴らしく、点を取る以外にも動きだけでサポーターを魅了してくれた。コンサドーレのエースと言えばこの人。内村選手が点を取る事でチームもサポーターも非常に盛り上がるので投票しました。
攻撃も守備も全力を出し切るプレー。最もコンサドーレに必要な「気持ち」が常に出ていた。ゴールに向かう走りだしの速さ。これこそエース内村の真骨頂!
稲本 潤一 選手
ボールキープ力、展開力、相手の芽を摘む能力。ここまで高い能力のあるボランチは、今までのコンサドーレにはいなかった。
フィジカルの強さと走力、カバーリングのうまさ、そして精度の高いロングフィードで攻守に貢献。今季のコンサを象徴する存在で、札幌ドームでも鮮烈な印象を残した。
あの守備力の高さは、心から「うまいなー」と感じました。前半戦上位に食い込めたのも、稲本選手の守備力があったからこそ。後半戦ではけがの影響で出場機会がほぼありませんでしたが、1年でこれだけの結果をだしてくれたので選びました!!
福森 晃斗 選手
都倉選手と迷ったのですが、今シーズン福森選手が期限付きでコンサドーレ札幌に来たことによる影響は見逃せないかなと思います。 あと、受賞した場合のコメントがどういう内容になるかも気になります(笑)。
福岡戦にて、引き分けになりそうな中で相手ゴールキーパーの癖を見逃さず、見事にボールをかっさらってゴールを決めて勝利したこと、千葉戦にて、勢いをつけた先制点を決めたこと、他の試合でも、安定した守備や攻撃で貢献してくれたこと。
福岡戦のゴールが一番印象的だった。DFなのにあの場面であの位置からシュートを打って決まったのが素晴らしい。ヒーローインタビューで自己紹介も愛らしかった。他のドームの試合でもアシストなど活躍している。
ク ソンユン 選手
今シーズンの守備に安定があったのもソンユン選手がいたからこそ。その印象が強いため選びました。
何度もチームを救うビッグセーブを見せた。勝ち点5を勝ち点15に変えたと言っても過言ではない程の活躍を今季はしてくれたので来年への期待も込めて投票させていただきました。
幾度となくゴールを守る事により、チームの危機(試合中のピンチ)や失点を最小限に抑えてくれた事、好プレイの数々、試合に一番熱いところです。
堀米 悠斗 選手
特にシーズン終盤になってから、サイドからの突破力が上がり、 PA内やPA付近での攻撃パターンが増えてワクワク感が増した。また、大きな話題にならず目立ってはいないが、 現在まで今シーズン、レギュラー選手でありながら、イエローカードを受けていないという点も評価のひとつ。 ファールを与えることは、特にイエローカードを伴うファールは、 相手の得点機会を増やすだけなので、それが頭にも体にもシッカリ入っていて、 無駄なファールをせず、その結果イエローカードがゼロであり立派です。
小さな体ながらガッツ溢れるプレーにいつも元気をもらいます!我が家の息子も影響され、サッカーの練習を頑張るようになりました。
最後まで諦めない姿勢が1番見えました この1年で1番成長したと思います。
前 寛之 選手
セレッソ大阪戦の時、プロ初先発を感じさせない動きを見せ、更にゴールまで決めると言うのが素晴らしいと思ったから。
コンサユースからの生え抜きの二十歳。まだまだ伸びる要素がある選手だから楽しみ。
タイでの経験が2ゴールを生んだと思います!
   
  投票する