重要なお知らせ

ホヴァリングサッカーステージ

縦120m、横85m、重さ8,300tの巨大な天然芝のステージが、空気圧によって7.5cm浮上し、34個の車輪を使い分速4mで移動。ドーム内に入り、屋内でのサッカー試合を可能としています。試合の無い時は、屋外のオープンアリーナで良好な芝を育成します。

野球場からサッカー場へ。場面転換作業とは?

札幌ドームでは、野球モードからサッカーモードへの転換を「場面転換作業」と呼んでいます。

野球モードの札幌ドームの様子

STEP.1

野球モードの状態です。

人工芝が巻き取られていく札幌ドームの様子

STEP.2

野球フィールドの人工芝を巻き取り、「プレイヤーズビューシート」を撤去します。

特殊な機構で人工芝を巻き取る大型の重機
人工芝巻敷機
座席を撤去する複数の作業員たち
「プレイヤーズビューシート」
撤去の様子
ムービングウォールが開いていく札幌ドームの様子

STEP.3

ムービングウォールが左右に開くとともに開閉式可動席を収納します

ムービングウォールが開き穴が空いた様子の札幌ドームの外壁
ムービングウォール
座席がスライドして開いていく様子
開閉式可動席
人工芝がすべて取り除かれた札幌ドームの様子

STEP.4

人工芝を全て巻き取り、コンクリートの床面が露出したコンクリートモードになりました。コンサート・展示会が開催される場合は、おおむねこの状態で設営作業を行います。

収納中のピッチャーズマウンドと周りに設置された落下防止パーテーション
ピッチャーズマウンド収納の様子
ファールポールを撤去する2台のクレーン車
ファウルポール撤去の様子
ホヴァリングサッカーステージが搬入されていく札幌ドームの様子

STEP.5

ホヴァリングサッカーステージの移動と連動して、旋回式可動席も移動させます。

サッカーステージが中央まで到達した様子の札幌ドーム

STEP.6

ステージがクローズドアリーナに到着後、旋回式可動席とともに90度回転し、野球の内野席とサッカーのメインスタンドを一致させます。

場面転換作業が完了しサッカーモードへ移行した札幌ドームの様子

STEP.7

ムービングウォールを閉じ、開閉式可動席を復元してサッカーモードへの転換が完了。

場面転換作業を
ご覧いただけます!

場面転換作業をご覧いただける実施予定日を「ドームスケジュール」よりご確認いただけます。
作業をぜひご覧ください。

ツアーアテンダントの女性の話に耳を傾ける老若男女

ドームツアーでのご見学(有料)

ドームツアー営業日であれば、ツアーアテンダントの案内でスタンドから作業をご覧いただけます。
場面転換作業を撮影した紹介VTRもご覧いただけます。

3階コンコースの手すり越しに見えるサッカースタジアム

3階コンコースからのご見学(無料)

展望台もしくはキッズパーク営業日であれば、ドーム内の3階コンコースから作業をご覧いただけます。

展望台へのご入場は有料となります。
スケジュール・
イベントカレンダー
  • イベントの都合等により、場面転換作業が深夜・早朝となる場合があります。その場合は、作業をご覧いただけませんのでご注意ください。
  • 「ドームスケジュール」でご案内している場面転換作業日は、作業をご覧いただける日のみとなります。
  • 作業の都合等により、実施時間および作業内容は予告無く変更となる場合があります。また、休憩などにより作業が行われない時間帯があります。その際は何卒ご了承ください。