重要なお知らせ

NEWS新着情報

2024/01/09
  • お知らせ

ネーミングライツ(命名権)の販売について

ネーミングライツパートナー企業さまにご提供できる価値

札幌ドームが持つ訴求力

札幌ドームは、雪国である北海道において最大の収容人数を誇る全天候型の多目的施設であり、国際的なイベントをはじめとする多種多様なイベントの開催実績があります。ネーミングライツパートナーさまのブランドを、来場者さま・イベント関係者さまのみならず、メディアを通して世界中の幅広い層に訴求することが可能であると考えています。

札幌という街の持つ魅力

札幌市では、スポーツやコンサートなどの集客交流産業を活性化させ、札幌の魅力と活力の向上を先導するスポーツ交流拠点の形成を札幌ドーム周辺地域において目指しています。札幌市の未来が持つ新しい街づくりのブランドイメージも相乗的な付加価値としてネーミングライツパートナーさまは享受できると考えます。

「環境にやさしい施設」としての取組実績

札幌ドームは自然環境保護や街づくりに注力しており、「サステナビリティ」や「地域社会への貢献」という文脈での企業イメージアップも見込めると考えます。

市民道民の財産であり、様々な可能性のある札幌ドームの価値に共感いただけるネーミングライツパートナーさまと、
その価値をより向上する取り組みを実施したいと考えています。

募集主体

・株式会社札幌ドーム(札幌ドーム指定管理者)

対象施設

・対象施設 札幌ドーム
・所在地 札幌市豊平区羊ケ丘1番地

応募に当たって

応募に当たっては、ページ最下部にございます、「札幌ドームにおけるネーミングライツ(命名権)協賛企業の募集要項」を必ずお読みいただき、趣旨をご理解いただいたうえでご応募ください。

応募資格

次の(1)から(4)までのすべてに該当する団体が応募できます。
(1) 法人であること。ただし、札幌ドーム広告掲出基準で掲出不可としている業種、札幌市広告掲載基準第2条に掲げる業種又は事業者を除く。
(2) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第1項及び第2項(同項を準用する場合も含む。)の規定により、札幌市における一般競争入札等の参加を制限されていないこと。
(3) 市区町村税、法人税又は消費税及び地方消費税を滞納していないこと。
(4) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団又は札幌市暴力団の排除の推進に関する条例(平成25年条例第6号)第7条第1項に規定する暴力団関係事業者(代表者においてはその構成員である者)ではないこと。

応募方法

(1) 募集期間
令和6年1月9日(火曜日)から同年2月29日(木曜日)まで
受付時間は、午前9時から午後5時まで

(2) 応募方法
募集期間内に(3)の申込書類を持参又は郵送により提出してください。
※申込書類の提出先はページ下部の「問い合わせ先・申込書類の提出先」のとおり。
※郵送の場合は、募集期間の最終日である令和6年2月29日の午後5時までに必着とします。

(3) 申込書類
ア 札幌ドームネーミングライツ協賛申込書(様式1)
イ 登記事項証明書(商業・法人登記簿謄本)及び印鑑証明書
ウ 市区町村税に関する納税証明書(未納の税額がないことの証明。令和6年1月1日以降に交付されたもの)
エ 法人税、消費税及び地方消費税に関する納税証明書(未納の税額がないことの証明。令和6年1月1日以降に交付されたもの)
オ 定款又はこれに相当する書類
カ 前3事業年度の事業報告書又はこれに相当する書類
キ 前3事業年度の決算報告書(損益計算書・貸借対照表又はこれに相当する書類)
ク 会社概要の分かる書類(任意様式)
ケ 暴力団排除に関する誓約書兼役員等名簿(様式2)

(4) 申込書類の提出部数
本書(正本)1部と副本(コピー可)5部を提出してください。

(5) 応募に当たっての注意事項
ア 申込みの撤回・再提出及び申込書類の修正はできません(軽微な修正を除く)。
イ 申込み後に辞退する場合は、辞退届(任意様式)を提出してください。
ウ 申込書類は、理由の如何にかかわらず返却いたしません。
エ 申込みに係る経費は、すべて応募者の負担とします。
オ 申込書類に虚偽の記載があった場合は、失格とします。
カ 選考に必要と認めるときは、追加資料の提出を求める場合があります。
キ 応募の内容や選考の結果等については、札幌市情報公開条例(平成11年条例第41号)及び札幌市出資団体等情報公開要綱の定めるところにより、公開されることがあります。
ク 協賛企業の事情・瑕疵により、当該施設の愛称の維持が困難な場合や、虚偽の申請があった場合は、契約を解除することがあります。この場合、契約解除に伴う原状回復に必要な費用は、協賛企業の負担とします。
ケ 札幌市、弊社、札幌ドームのイメージが損なわれる恐れがあるなど、ネーミングライツの協賛企業とすることが適当でないと認められる場合、契約を解除することがあります。この場合、契約解除に伴う原状回復に必要な費用は、協賛企業の負担とします。

選定方法ならびに選定結果について

(1) 選定方法
選定基準を基に、金額や期間の多寡、愛称のふさわしさ、企業の経営の安定性や事業内容、地域貢献等の付帯提案などを総合的に判断し、候補者を選定いたします。
※選定基準は「札幌ドームにおけるネーミングライツ(命名権)協賛企業の募集要項」に掲載

(2) 選定結果の発表
すべての応募者に結果を通知するとともに、選定された協賛企業を札幌ドームのWEBサイト等を通じて発表する予定です。また、マスメディアに対して情報の提供を予定しています。

問い合わせ先・申込書類の提出先

〒062-0045 札幌市豊平区羊ケ丘1番地 株式会社札幌ドーム
営業部 営業一課 担当:久末(ひさすえ)、和田(わだ)
TEL 011-850-1000 FAX 011-850-1011
E-mail:namingrights@sapporo-dome.co.jp

申請書類等のダウンロードはこちら

前へ 一覧に戻る 次へ