重要なお知らせ

施設・サービス改善

お寄せいただいたお客さまからの声をふまえ、施設・設備やサービスの改善、利便性向上に積極的に取り組んでいます。

  • 2019年の取り組み

    2Fテラスにコンテナ型トイレを設置しました(2019年7月)

    「2Fにトイレを増設してほしい」とのお声を以前からいただいており、2017年3月に2Fコンコース外野側2か所(サッカー時バックスタンド側)にトイレを増設しました。当社ではさらなる利便性向上を目指し、このたび2F屋外テラス(以下「テラス」)にコンテナ型トイレを設置しました。本トイレは、水洗式の14室で、手洗いスペースが備え付けられており、館内トイレと同等の設備を整えているため、快適にご利用いただけます。
    また、設置場所であるテラスは、場内2Fコンコース内野側(サッカー時はメインスタンド側)43~46通路付近に隣接しており、女性用トイレとして場内からご利用いただけます。(イベントにより運用が変更となる場合がございます)
    なお、冬期間は落雪の影響があり撤去するため、本トイレはご利用いただけません。

    敷地内の階段にエスカレーターを設置しました(2019年2月)

    階段の上り下りを軽減するため、ドーム歩道橋(以下「歩道橋」)そばの階段にエスカレーターを設置しました。
    歩道橋は、地下鉄福住駅からドームまでの主要な入退場ルートとなっており、階段部分にはエレベーターも備え付けられているものの、お客さまアンケート「オンラインリサーチ」などを通じて「歩道橋前後の階段にエスカレーターを設置してほしい」との声を以前から多くいただいておりました。
    新たに設置したエスカレーターは冬でも使用できるよう屋根がついた寒冷地仕様で、階段の上り下りの負担が軽減されました。

    野球開催時の人工芝を更新しました(2019年2月)

    ファイターズさまからのご要望を受け、良好なプレー環境を確保するため、当社計画よりも前倒しで人工芝を更新しました。
    新たな人工芝は、以前と同じ仕様ですが、人工芝の1ロール当たりのサイズを長くし、つなぎ目を少なくすることで、より良好なプレー環境を追求しました。

  • 2018年の取り組み

    アリーナ照明設備を更新しました(2018年12月)

    札幌市の札幌ドーム保全計画に基づき、アリーナ天井の照明設備を更新しました。新たな照明はLEDタイプとし、明るさ向上と使用電力の低減を図れるほか、点灯と消灯が即時に切り替えられるため様々な演出が可能となりました。
    サッカー用は2017年12月に、野球用は2018年12月に完成しました。

    ホヴァリングサッカーステージの天然芝を更新しました(2018年7月)

    砂散布によって開業以来少しずつ重さが増していたホヴァリングサッカーステージについて、天然芝更新と砂の量調整を行い、重量適正化を図りました。また、新しい天然芝を通して、選手の皆さまにより良好なプレー環境を確保する事が出来ました。

    工事の様子を札幌ドームの裏側でご覧いただけます。

    北チケット売場Aを改修しました(2018年3月)

    ファイターズ戦の当日券売場となっている北チケット売場Aについて、混雑緩和を図るため、窓口数を9窓口→13窓口に増設しました。各窓口の横幅も拡大し、カウンターの高さも改善するほか、チケット在庫状況を表示できるデジタルサイネージも設置しました。

    屋外喫煙所にパーテーションを設置しました(2018年3月)

    北ゲート3に近い屋外喫煙所1か所について、煙が周囲に流れにくくなるようパーテーションを設置しました。

    野球開催時のフェンスを更新しました(2018年3月)

    良好なプレー環境を確保するため、施設所有者の札幌市が内野・外野すべてのフェンスを更新し、より柔らかいフェンスに改良しました。

    野球開催時 内野席に防球ネットを設置しました(2018年2月)

    お客さまにより安心してご観戦いただくため、ファイターズさまと協議を重ね、新たな形状の防球ネット(高さ最大 約3.6m×幅 約57.15m)を1塁側・3塁側の内野席最前列の一部に設置しました。

    コンコース大階段前のプロジェクターをマルチディスプレイに更新しました(2018年2月)

    大階段前の壁面に設置しているプロジェクター2面を、2017年3月に新設した大型のマルチディスプレイ(60インチ16面・縦3.03m×横5.35m)と同等のものに更新し、試合中継映像などをより鮮明にご覧いただけるようになりました。

    1Fコンコースに試合中継モニターを増設・更新しました(2018年2月)

    「コンコースを歩いているときに試合状況が分からない」などのお声をもとに、1Fコンコース内に50インチまたは60インチのモニターを計10台増設し、試合中継映像などを見られるよう改善しました。また、1F場内飲食売店に設置しているモニター(20インチ)19台を40インチのものに更新し、売店にお並びの際にも試合中継映像をより見やすくなるよう改善しました。

  • 2017年の取り組み

    スタンドの階段手すりを増設しました(2017年12月)

    階段の上り下りの負担を軽減するため、スタンド(観客席)の階段通路の手すり増設を進めておりましたが、2017年12月に固定スタンド部分の工事が終了し、階段の両側に手すりがある状態に改善しました。 新たな手すりは持ち手部分を2段とし、お子さまでも利用しやすい形状のものを設置しています。

    設置場所

    2Fコンコース上に女性用トイレを増設しました(2017年3月)

    「2Fにトイレを増設してほしい」とのお声を以前からいただいておりましたが、このたび2Fコンコース外野側(サッカー時バックスタンド側)の多目的トイレに女性用トイレの個室を増設し、女性用トイレを6室×2か所=計12室増やすことができました。これにより、コンコース(1F・2F)の女性用トイレの数はこれまでより約6.7%増加しました。

    設置場所

    2Fコンコースにベンチを設置しました(2017年3月)

    「窓際などにベンチを設置してほしい」などのお声をもとに、2Fコンコースにベンチを22台設置しました。イベント時の飲食や休憩用として、どなたでもご利用いただけます。

    設置場所

    コンコース大階段前の壁面にマルチディスプレイを設置しました(2017年3月)

    「大階段前のプロジェクターをもっと増やしてほしい」などのお声をもとに、大型のマルチディスプレイ(60インチ16面・縦3.03m×横5.35m)を1F西ゲート側「銀座ライオン」売店のすぐ上の壁面に1か所新設し、試合中継映像などをより鮮明にご覧いただけるようになりました。

    設置場所

    コンコース大階段前の手すりを増設&移設しました(2017年3月)

    コンコース大階段について「座れるエリアと通行用エリアを明確に区別すべき」などのお声をもとに、コンコース大階段の階段手すりを一部移設ならびに増設し、大勢の方が座られた状態でも大階段を通行しやすいよう改善しました。

    アリーナ音響設備を更新しました(2017年3月)

    札幌市の札幌ドーム保全計画に基づき、アリーナ天井の音響設備が新しくなりました。新たなスピーカーは「ラインアレイ」と呼ばれるアリーナ内に均一な音を届けることができるタイプで、BGMやアナウンスの聞き取りやすさが向上したほか、新たに設置したサブウーファーによって今まで無かった重低音の音域を出すことができ、より迫力のある演出をお楽しみいただけます。

    1F女性用トイレの空き状況を表示するシステムを導入しました(2017年3月)

    1Fコンコース外野側(サッカー時バックスタンド側)の女性用トイレは、お客さまが個室の空き状況をひと目で見渡すことが出来ない構造のため、空いている個室があるのに使用されないケースが発生していました。
    このたび、各個室ドアのセンサーによって空き状況を電光表示するシステムを導入し、待機列先頭のお客さまが空き状況をひと目で確認出来るよう改善しました。

    館内の案内サイン看板を改善しました(2017年3月)

    館内の案内サイン看板について「トイレやコインロッカーの案内サインが分かりにくい」とのお声をもとに、1Fコンコースのトイレ入口に突き出し型のサイン看板を設置しました。また、コインロッカーの案内についても、1Fコンコースにおける館内サインの充実を図りました。

    屋外喫煙所にパーテーションを設置しました(2017年3月)

    屋外喫煙所1か所について「通路に煙が流れてくるので改善してほしい」とのお声をもとに、煙が通路に流れにくくなるようパーテーションを設置しました。

    2階コンコース・チケット売場を拡張しました(2017年3月)

    ファイターズ戦の場内前売券売場となっているチケット売場2か所について、混雑緩和を図るため、窓口数を1塁側は3窓口→6窓口に、3塁側は6窓口→8窓口に増設しました。増設に際しては各窓口の横幅を拡大し、カウンターの高さも従来よりも高くしたほか、チケット在庫状況を表示できるデジタルサイネージも設置しました。

    ダッグアウトに空調設備を新設しました(2017年3月)

    これまで、野球時のダッグアウト(選手ベンチ)には専用の空調設備がありませんでしたが、ファイターズさまから「空調設備を設置してほしい」とのご要望をいただきました。そこで、選手ベンチの天井にエアコン、ベンチ裏の通路天井に扇風機を設置し、館内の冷暖房とは別に温度を調節できるよう改修しました。

    無料Wi-Fiサービスを整備しました(2017年2月)

    札幌市の無料Wi-Fiサービス「Sapporo City Wi-Fi」をご利用いただけるようになりました。
    利用可能エリアは、スタンド(観客席)のすべて、ならびに1Fコンコースの一部エリアなどです。
    ネットワーク名「Sapporo_City_Wi-Fi」を選択後、ブラウザを起動し、メールアドレスを入力し利用登録を行うと、何度でも無料でご利用いただけます。

    • Sapporo City Wi-fi
  • 2016年の取り組み

    ベビーカー置き場を改良・増設しました(2016年12月)

    ベビーカー置き場が不足している、とのお声をいただいておりましたが、このたび、ラックに載せられるベビーカー数を5台→10台に改良し、設置数も4か所→6か所に増設しました。これにより、館内の保管可能台数が20台→最大60台に増加しました。ご来場の際はぜひご利用ください。

    トイレの空いている個室が分かりやすくなるよう工夫しました(2016年3月)

    1階コンコースおよび地下2階のトイレは個室が多数設置されていますが、混雑時に列先頭でお待ちのお客さまからは奥の状況が見えにくく、「個室の空き状況が分かりづらい」とのお声をいただいておりました。

    そこで、各個室のドアに看板を設置し、空いている個室が一目で分かるようにしました。

    地下2階トイレの洋式化工事を実施しました(2016年2月)

    コンサートや展示会、ファイターズ戦などのイベント時にご利用いただける地下2階トイレの洋式化工事を実施しました。

    ファイターズ戦開催時はフィールドシート専用となります。

  • 2015年の取り組み

    トイレ内にハンドドライヤーを設置しました(2015年12月)

    札幌ドームのトイレに「ハンドドライヤーかペーパータオルの設備が欲しい」といったお声が多数寄せられたため、昨年より設置場所・設置数などの検討を行っておりましたが、このたび省エネ・低騒音に配慮したハンドドライヤーを1・2階の各トイレに設置いたしました。ぜひご利用ください。

    一部、ハンドドライヤー未設置のトイレもございます。

    大型ビジョンにデジタル時計を設置しました(2015年9月)

    2015年3月に更新した大型映像設備(大型ビジョン)では、旧大型ビジョンに併設されていた時計を設置せず画面内に表示する仕様となっていますが、イベント演出等により現在時刻を表示出来ない時間帯があり、お客さまや関係者から「大型ビジョンとは別に時計を設置出来ないか」などのお声が寄せられたため、既製品の大型時計を暫定的に1か所設置していました(現在は撤去済)。 このたび、より大きなデジタル時計を設置することで、大型ビジョンの表示内容に関わらず現在時刻をご確認いただけるようにしました。

    設置箇所:外野ライト側(バックスタンドアウェー側)大型ビジョンの右下部分

    1階コンコースのトイレにおむつ替え用設備を増設しました(2015年8月)

    赤ちゃんのおむつ替え用の設備は、館内各所のトイレ内および授乳室内に設置しご利用いただいておりますが、野球試合時の外野側・サッカー試合時のバックスタンド側の1階コンコースエリアには設置されておらず、「おむつ替え出来る場所を増やしてほしい」とのお声をいただいておりました。 そこで、1階コンコースの野球時外野側・サッカー時バックスタンド側トイレ内に、おむつ替え台(女性用トイレ2か所)・おむつ替えシート(男性用トイレ2か所)を増設しました。ぜひご利用ください。

    お子さま連れのお客さまに便利な施設・サービスの案内はこちら

    設置場所
    • 女性用トイレに設置したおむつ替え台

    障がい者用駐車場エリアを拡大しました(コンサドーレ戦およびファイターズ戦・2015年3月および8月)

    大規模イベント時の駐車場は、普通車・大型車・障がい者用・車いす用などに分けて運用(いずれも事前予約制)しておりますが、障がい者用駐車券が他の駐車券よりも早くに売り切れてしまうケースがあり、「障がい者用駐車場をもっと増やしてほしい」とのお声をいただいておりました。

    そこで、駐車場内のヘリポート(ドクターヘリによる緊急搬送用)について、天然芝サッカー練習場でもヘリコプター離着陸を行えるよう2015年3月から運用を変更し、ヘリポートを新たな駐車スペース(20台分)として使用できるようにしました。また、8月には駐車場内の樹木を一部伐採し、こちらも新たな駐車スペース(10台分)として使用できるようにしました。 これにより、障がい者用駐車場の駐車台数を各試合120台から150台に増やすことが出来ました。

    駐車場案内はこちら

    大型映像設備を更新・増設しました(2015年3月)

    開業年(2001年)の設置以来13年が経過したため、大型映像設備を当社の費用負担により更新・増設しました。当社が費用を負担することによって、札幌ドーム保全計画の基本的な考え方である「現状の機能を維持するための更新」にとどまらず、最新技術を駆使した高性能な設備への更新が実現しました。更新費用は約8.2億円(消費税を除く)で、当社の施設保全設備更新積立金を取り崩すことにより、自己資金にて更新しました。 当設備の魅力を多くの皆さまに体感していただき、札幌ドームご来場時の満足度向上に寄与できるよう、今後も取り組んでまいります。


    工事の様子を札幌ドームの裏側・番外編でご覧いただけます。

    シャトルバス運行時間を拡大しました(コンサドーレ戦およびファイターズ戦・2015年3月)

    大規模イベント開催時のシャトルバスは、通常はイベント開場時刻の30分ほど前から運行開始しております。しかしながら、コンサドーレ戦およびファイターズ戦においては、一部のお客さまを対象とする先行入場(開場時刻の15分前)が実施されており、シャトルバス始発便の札幌ドーム到着が先行入場開始に間に合わないため、「シャトルバスの運行開始をもう少し早めてほしい」とのお声をいただきました。

    そこで、バス事業者等と協議・検討を行い、必要な車両および乗務員確保のめどが立ったため、コンサドーレ戦およびファイターズ戦(オープン戦除く)開催時の運行開始を15分早め、先行入場のお客さまでも利用しやすいよう改善しました。地下鉄・JRとの乗り継ぎも便利なシャトルバス、ぜひご利用ください!

    女性用トイレの一部にパウダースペースを新設しました(2015年2月)

    1階コンコースにある女性用トイレ6か所の壁面に、化粧直し等にご利用いただけるパウダースペースを新設しました。 これまで化粧直し等には手洗いスペースをご利用いただいておりましたが、混雑時にはシンクの周りが水浸しになってしまうとのお声や、化粧直し専用スペースの設置を希望するお声をいただいたことから実施いたしました。パウダースペースには、鏡と棚、荷物をかけることのできるフックを設置しております。

    設置場所

    洋式トイレの割合が90%になりました(1階コンコース・2015年1月)

    1階コンコースにおけるトイレの洋式化工事を2010年度より進めておりましたが、2015年1月にすべての工事が終了しました。これにより、1階コンコースにおける洋式トイレの割合は90%になりました。

    設置場所
    改修による洋式トイレ割合の推移
    開業時46% 2010年度改修50% 2011年度改修56% 2012年度改修56% 2013年度改修56% 2014年度改修56%
  • 2014年の取り組み

    交通案内ページに路線バスの情報を追加しました((014年4月)

    お客さまの声 「路線バスでアクセスする方法が知りたい」 改善内容 路線バスでのアクセス方法についてのお問い合わせが多いことから、交通案内ページに路線バスの情報を追加しました。
    ぜひご活用ください。
    交通案内ページはこちら

    プラスチック製の弁当箱を使用した商品を販売再開しました(2014年3月)

    お客さまの声 「プラスチックケースのお弁当をまた販売してほしい」 改善内容 2014年シーズンのファイターズ選手弁当では、プラスチック製の弁当箱を使用した商品を販売再開しました(計2種類)。それぞれ中田選手、陽選手にちなんだおかずを盛り込み、見ても食べても楽しいお弁当に仕上げました。2014年シーズン最終戦までの間、北海道日本ハムファイターズ戦開催時に販売いたしました。

    グッズショップ「グッズ☆ジャム」が拡張リニューアルオープンしました(2014年3月)

    お客さまの声 「グッズの品揃えを増やして欲しい」
    「入場後も買い物を楽しみたい」 改善内容 2014年3月25日に、グッズショップ「グッズ☆ジャム」をリニューアルオープンしました。店舗スペースを約1.6倍に拡張し、より豊富な品ぞろえとなった店内でお買い物をお楽しみいただけるほか、場内側にも出入口を新設し、ご入場後もご利用いただけるようになりました。
    グッズショップ「グッズ☆ジャム」についてはこちら

    女性用トイレの一部に着替え台を設置しました(2014年2月)

    1階

    お客さまの声 「着替えができるスペースがほしい」 改善内容 遠方からいらっしゃるお客さまや、お仕事帰りにいらっしゃるお客さまのお声に応え、女性用トイレ10か所16個室に着替え台を設置しました。1階のトイレに設置している案内マップにて、着替え台を設置している個室の位置をご確認いただけます。

    設置場所
  • 2013年の取り組み

    シャトルバスターミナル・駐車場エリアの照明を増強しました(2013年12月)

    お客さまの声 「シャトルバスターミナルまでの道が暗いので、照明を増やしてほしい」 改善内容 2013年5月にシャトルバスターミナルへの歩行者ルートに仮設の投光器を設置いたしましたが、その後もお客さまより「照明を増設してほしい」とのお声をいただいておりました。
    そこで、南ゲートからシャトルバスターミナルへの歩行者ルート、およびシャトルバスターミナルエリアに、常設の照明設置工事を行いました。また、既設照明の一部についても省電力のLED照明に更新を行いました。

    コンコース大階段の手すり付近にサインを設置しました(2013年8月)

    お客さまの声 「階段に座っている人がいて、手すりを使うことができない」 改善内容 1-2階コンコースにある大階段は、ご飲食や休憩にもご利用いただくことが多いため、「手すりがあっても使うことができない」というお声をいただくなど、通行の際には大変お手数をおかけしておりました。
    そこで、手すり付近に、ご飲食や休憩をご遠慮いただくためのサインを新設し、階段を安全にご利用いただけるようにしました。

    スタンド(観客席)でのサワー販売を開始しました(2013年5月)

    お客さまの声 「スタンドでのドリンク販売の種類を増やしてほしい」 改善内容 これまでのビールやソフトドリンクの販売に加え、サワー系アルコールドリンクもスタンドでの販売を開始しました。

    スタンド(観客席)の階段に手すりを設置しました(2013年3月)

    お客さまの声 「観客席に手すりが付いていないところがあり、上り下りしづらい」 改善内容 手すりが付いていなかった開閉式可動席エリアに、新たに手すりを設置しました。
    対象エリアは、野球開催時における外野席の一部、サッカー開催時におけるバックスタンド席の一部です。

    野球開催時 地下2階トイレへの連絡通路を新設しました(2013年3月)

    お客さまの声 「フィールドシートからトイレに行くとき、階段の上り下りが大変」 改善内容 2009年に新設されたフィールドシート(プレイヤーズビューシート)は、プロ野球観戦をフィールドの間近でお楽しみいただける反面、トイレまでの距離が離れており、「階段の上り下りが大変」「近くにトイレを設置してほしい」などのお声をいただいておりました。
    一方、札幌ドームの地下2階にはコンサートなどでお客さまに利用いただけるトイレがあり、野球開催時にもこれを活用できないか社内で検討を進めてまいりました。
    その結果、このたびフィールドシートにお客さま用通路を確保する改修工事を行い、フィールドシートご利用のお客さまがスタンド(観客席)を上り下りせずにトイレをご利用いただけるようにしました。

    1階トイレ内に案内サインを増設しました(2013年3月)

    お客さまの声 「どの個室が洋式トイレなのか、一目でわかるようにしてほしい」 改善内容 トイレをよりスムーズにご利用いただけるよう、1階コンコースのトイレに個室マップを複数設置し、個室ごとの設備(洋式・和式 など)が一目でわかるよう改善しました。また、洋式化工事にともない数が減少した和式トイレ、および子供用便座を備えた「お子さま優先トイレ」について、トイレ通路内に突出しサインを増設し、混雑時でもすぐに見つけられるよう改善しました。

    銀行ATMを設置しました(2013年3月)

    お客さまの声 「お金が足りなくてグッズが買えなかった。ATMを設置してほしい」 改善内容 1階コンコース・南ゲート3そばに、銀行ATMを設置しました。国内主要銀行のキャッシュカードをご利用いただけます。
    ※ご利用いただけるカードおよびサービス内容と時間帯、手数料などについては、ATMの画面でお確かめください。
    ※開催されるイベントによって、ご利用いただけない場合がございます。
    ※イベントが開催されない時は、ご利用いただけません。

    量が控えめのお弁当を制作しました(2013年3月)

    お客さまの声 「量が控えめの弁当をもっと増やして欲しい」
    「スタンドで食べやすいコンパクトな容器の弁当が欲しい」 改善内容 2012年9月に実施したインターネットアンケートにおいて寄せられたお声をふまえ、お弁当新メニューとして小さめのお弁当を制作いたしました。2013年シーズンは、各イベント開催時に、全6種類の中から日替わりで販売いたしました。

    3階キッズパーク横のトイレのドアを更新しました(2013年3月)

    お客さまの声 「キッズパークそばのトイレのドアが重く、子供には開閉しにくい」 改善内容 キッズパーク横のトイレ(2か所)については、ドアが開き戸タイプとなっており、小さなお子さまにとって自力での開閉が難しい場合もあり、ご不便をおかけしておりました。
    そこで、該当するドアをお子さまでも開閉しやすいよう軽量化した引き戸タイプに更新し、安心してご利用いただけるようにしました。

    エレベーター(キッズパークそば)の各階乗り場に階数表示を設置しました(2013年2月)

    お客さまの声 「エレベーターの乗り場にかご室の現在階の表示がないため、待ち時間が長く感じられる」 改善内容 キッズパーク横のエレベーター(計2基)については、ご利用が多く、特に車いすやベビーカーをご利用のお客さまには混雑により大変ご不便をおかけしております。また、特殊な構造のエレベーターのため、一般的なエレベーターより昇降スピードが遅いことも課題となっています。ただちに抜本的な改善を行うことが難しいことから、待ち時間のストレスが少しでも軽減されるよう、各階の乗り場に階数表示を追加しました。

    イレ内コートフックを改良しました(2013年1月)

    お客さまの声 「トイレ内のフックを、上着が滑り落ちにくいかたちに変更してほしい」 改善内容 トイレ内には、コートフックとしてもご利用いただけるドアストッパーが付いていますが、滑り止めの突起が無く、ご利用のお客さまにご不便をおかけしておりました。
    そこで、トイレの個室内のフックを取り替え、上着・コート類を安心して掛けられるようにしました。

    階多目的トイレにユニバーサルシート(多目的シート)を増設しました(2013年1月)

    お客さまの声 「ベビーベッドではなく大きいベッドがあると便利」 改善内容 札幌ドームには、お体が不自由なお客さまのズボンの着脱などにご利用いただけるよう、ユニバーサルシート(多目的シート)付きトイレを設置しております。しかしながら、イベント開催時の場内エリアには1か所のみ設置となっており、ご利用のお客さまにご不便をおかけしておりました。
    そこで、2階コンコースの多目的トイレ1か所にユニバーサルシートを設置し、場内エリア2か所、場外エリア1か所の計3か所でユニバーサルシートをご利用いただけるようにしました。

  • 2012年の取り組み

    コインロッカーを設置しました(2012年12月)

    お客さまの声 「カバンや上着を預けるコインロッカーがほしい」 改善内容 遠方からいらっしゃるお客さまや、座席をゆったりとご利用されたいお客さまのため、コインロッカーを新たに設置いたしました。
    ロッカーの大きさ・ご利用方法などの詳細はこちら

    洋式トイレに便座クリーナーを設置しました(2012年11月)

    お客さまの声 「洋式トイレに便座クリーナーがほしい」 改善内容 多くのお客さまからご要望をいただいておりました便座除菌クリーナーを、洋式トイレの個室に新たに設置し、より清潔に気持ちよくご利用いただけるようにしました。

    自転車用の駐輪場を拡張しました(2012年10月)

    お客さまの声 「駐輪場が満杯で、自転車を停められない時がある」 改善内容 札幌ドームには、自転車でお越しのお客さまがご利用いただける駐輪場が計4か所(ドーム前広場・月寒口・清田口・福住口)、バイク専用の駐輪場が1か所ありますが、大規模イベント開催時には特に清田口・福住口の駐輪場が混雑し、ご不便をおかけしておりました。
    そこで、該当する2か所の駐輪場を拡張・整備することで、新たに計94台分のスペースを作り、より多くの自転車を停められるようにしました。
    また、自転車をワイヤーロックなどで固定するためにご利用いただけるバーを月寒口・清田口・福住口に新たに設置しました。

    駐車場エリアに照明を増設しました(2012年9月)

    お客さまの声 「夜間、福住口に向かう通路が暗いので照明を増やしてほしい」 改善内容 駐車場については、これまで常設の照明を設置できていなかったエリアがあり、仮設照明を設置するなどの対応をしておりましたが、特に夜間のイベント終了後の通行においてご不便をおかけしておりました。
    そこで、福住口とドームとの歩行者ルート、および駐輪場などに照明を増設し、お客さまが安全に通行いただけるようにしました。新たな照明は省電力のLED照明とし、使用電力の低減に努めております。

    1階コンコース・喫煙室跡地に、場内飲食売店「築地銀だこ」が新たにオープンしました(2012年9月)

    お客さまの声 「もっと売店の数を増やしてほしい」 改善内容 大規模イベント開催時の売店前混雑を少しでも改善できるよう、またご来場されるお客さまへさらに多様なメニューをご提供できるよう、1階コンコースの喫煙所1か所を飲食売店「築地銀だこ」としてオープンいたしました。
    お客さまの前でひとつひとつ真心こめて焼き上げる「アツアツのたこ焼き」は、おかげさまで大変ご好評をいただいております。
    今後も、飲食メニューのさらなる充実に向けて引き続き取り組んでまいります。

  • 2011年の取り組み

    バス停口に融雪ゴムマットを敷設し、冬期間も安全に通行いただけるよう改善。通年で通行できるようにしました(2011年12月)

    お客さまの声 「冬になるとバス停口が開いていないので、不便。一年中開門してほしい。」 改善内容 国道36号の清田方面から敷地内にお入りいただける「バス停口」は、館内にいたるまでの区間に階段が多く、またロードヒーティングも設置されていないため、冬期間はイベント開催日を除いて閉鎖していました。そのため、イベントが開催されない日にトレーニングルームをご利用されるお客さまや、ドームツアー・展望台にご来場のお客さまにご不便をおかけしておりました。
    そこで、「バス停口」からの歩行者動線を安全に通行いただけるように、融雪ゴムマットを敷設し、「バス停口」を一年を通して開門することができるようになりました。今後も、お客さまの安全確保と利便性向上に努めてまいります。

    コンコース内のベビーカー置き場を増設しました(2011年7月)

    お客さまの声 「外野側(バックスタンド側)にも施錠機能付きのベビーカーラックがほしい」 改善内容 ベビーカー置き場は2階コンコースに2か所設置し、小さなお子さま連れのお客さまにご好評いただいておりますが、野球試合時の外野側・サッカー試合時のバックスタンド側には設置されておらず、「ベビーカー置き場を増やしてほしい」とのお声をいただいておりました。
    そこで、2階コンコース東ゲート側の2か所に施錠機能付きのベビーカー置き場を増設し、外野側(バックスタンド側)のお席のそばまでベビーカーをお持ち込みいただけるようにしました。ぜひご利用ください。

    場内飲食売店にて、札幌ドームメンバーズクラブのクレジットカード決済をご利用いただけるようにしました(2011年3月)

    お客さまの声 「観戦時の食事や飲み物の購入にクレジットカードを利用したい」 改善内容 イベント開催時の場内飲食売店では、これまでクレジットカード決済に対応しておらず現金のみのお取扱いとなっており、「クレジットカードで購入できるようにしてほしい」とのお声をいただいておりました。
    そこで、1階および3階コンコースの場内飲食売店(ワゴン売店・お弁当販売ワゴンを除く)に対応機器を設置し、札幌ドームメンバーズクラブカード(クレジットカード機能付き)での決済をご利用いただけるようにしました。ぜひご利用ください。

  • 2010年の取り組み

    トイレ内の洗面台に、ポンプ式の手洗い石鹸を設置しました(2010年10月)

    お客さまの声 「フライドチキンなどで手が汚れても、洗面台に石鹸がないのできれいに洗えない。」 改善内容 これまで、トイレ内の洗面台には手洗い用の石鹸を置いていなかったため、大変ご不便をおかけしておりましたが、2010年10月より1階コンコースなどのトイレ20か所に、インフルエンザ対策も兼ねて計96個のポンプ式手洗い石鹸を設置いたしました。ぜひご利用ください。

    イベント終了後の駐車場から2列で退場できるように改善しました(2010年4月)

    お客さまの声 「試合終了後、車で駐車場を出る時の混雑をもっと緩和してほしい」 改善内容 大規模イベント終了後には一斉にお客さまが退場されるため、駐車場出口が非常に混雑し、ご不便をおかけしておりました。
    そこで、イベント終了後には封鎖している入場用レーンを退場用レーンとして使用できるよう誘導体制を見直し、退場時専用の可動式サインを新設しました。その結果、お車が2列同時に退場することが可能となり、混雑の緩和を図ることができました。
    今後も、よりスムーズにお帰りいただけるよう検討を進めてまいります。

    2階コンコース・3塁側のチケットブース窓口を増設しました(2010年2月)

    お客さまの声 「ファイターズ戦の時、場内前売券売り場の待ち行列をもっと緩和してほしい」 改善内容 ファイターズ戦開催時には、2階コンコースにてファイターズ戦前売チケットの販売が行なわれておりますが、試合中は特に3塁側のチケットブースが混雑し、ご不便をおかけしておりました。そこで、チケットブース窓口を増設し、混雑の緩和を図ることができました。

  • 2009年の取り組み

    1階コンコース・喫煙室跡地に、場内飲食売店「サブウェイ」が新たにオープンしました(2009年6月)

    お客さまの声 「飲食売店が試合前にとても混雑する。もっと売店の数を増やしてほしい」 改善内容 1階コンコースの喫煙室1か所を、飲食店舗スペースとして新たに活用することにしました。
    新店舗は、新鮮な野菜を使いカロリーを抑えたメニューを提供するサンドイッチ・チェーン「サブウェイ」に決定し、「よりヘルシーなメニューがほしい」とのお声にお応えしました。今後も、飲食メニューのさらなる充実に向けて引き続き取り組んでまいります。

    ゲート入場後でも、北ゲート側のレストラン&カフェを利用できる店舗入口を新設しました(2009年3月)

    お客さまの声 「入場後のエリアに、椅子・テーブルのあるレストランやカフェがほしい」 改善内容 従来、イベント開催時の場内はテイクアウト式の飲食売店のみとなっており、「仲間とテーブルを囲んで食事が出来るレストランやカフェがほしい」「ガラスのジョッキで生ビールを飲みたい」などのお声をいただいておりました。
    そこで、北ゲート側にて通年営業しているレストラン「スポーツ・スタジアム・サッポロ」とカフェ「ファンズ・カフェ」に店舗入口を新設し、ゲート入場後の1階コンコースからでもご利用いただけるようにしました。イベント開始前のひと時をごゆっくりとお過ごしいただけます。ぜひご利用ください。

    プレイヤーズビューシート(フィールドシート)を新設しました(2009年2月)

    お客さまの声 「他の野球場のように、選手を間近に観れるフィールドシートがほしい」 改善内容 ファイターズ戦をはじめとするプロ野球試合においては、お客さまから「スタンド席から選手までの距離が遠く、より臨場感のあるシートを設置してほしい。」といった要望が多く寄せられておりました。
    そこで、野球モードのアリーナ内に、プロ野球観戦シート「プレイヤーズビューシート(フィールドシート)」を新設し、プレーをよりエキサイティングにお楽しみいただけるようにしました。このシートは場面転換作業における撤去・移動を考慮した構造となっており、サッカー・コンサートの開催に影響が出ないよう作られています。

  • 2008年の取り組み

    新札幌バスターミナル発着のシャトルバスが運行開始しました(2008年7月)

    お客さまの声 「新札幌から札幌ドームへの行き方が面倒で、時間もかかる」 改善内容 大規模イベント開催時のシャトルバスは、2001年の開業以来、札幌市内4駅との間を運行しておりましたが、商業施設や宿泊施設が並び、JR線と地下鉄東西線が交わり、路線バスの乗り入れも多い新札幌エリアからの運行はなく、「新札幌からもシャトルバスを運行してほしい」とのお声を多くいただいておりました。
    そこで、バス事業者と協議・検討を行い、ジェイ・アール北海道バスと北海道中央バスの2社による共同運行によって、新札幌バスターミナル発着のシャトルバスが新たに運行開始しました。ぜひご利用ください。

    車いす席の観戦環境を改善しました(2008年3月)

    お客さまの声 「前の人が立ち上がると、車いす席から選手が見えなくなってしまう」 改善内容 車いす席は、2階の通路に近い観客席内に設置されておりますが、場所によっては前列のお客さまが立ち上がることでプレーが見えない状態が発生したり、車いす席の後ろを通行されるお客さまが滞留した際にご不快な思いをさせてしまうこともございました。
    そこで、車いす席の前一列の座席を撤去し、車いす席のスペースを拡張し、ご観戦の際の環境を改善しました。今後も、すべてのお客さまの快適な環境づくりに向け、検討を重ねて参ります。

    障がい者手帳をお持ちの方は、送迎車両による敷地内の乗降が出来るようになりました(2008年3月)

    お客さまの声 「障がいがあり、札幌ドームに公共交通機関で行くのが大変。車での送迎を認めてほしい」 改善内容 大規模イベント開催時の札幌ドーム敷地内については、安全確保のため、乗降のための送迎車両の乗り入れをお断りしております。しかしながら、障がい者の方には公共交通機関でのご来場が困難な場合もあり、「乗用車での送迎を認めてほしい」とのお声をいただいておりました。
    そこで、駐車場の一部を乗降用スペースとして確保し、障がい者手帳(「身体障がい者手帳」「療育手帳」「精神障がい者保険福祉手帳」「いつくしみの手帳」「被爆者健康手帳」のいずれか)をお持ちの方に限り、送迎車両による敷地内での乗降が出来るようにしました(無料・事前予約制)。ぜひご利用ください。

  • 2007年の取り組み

    展望台にテレビ望遠鏡を設置しました(2007年8月)

    お客さまの声 「展望台から見える景色をもっと大きく見たい」 改善内容 札幌ドームの展望台からは、札幌市街や手稲山、夕張岳まで望むことができ、観光でご来場のお客さまから望遠鏡の設置についてご要望を多くいただきました。
    そこで、テレビ望遠鏡1台を新設し、お客さまに景色を楽しんでいただいております(有料)。なお、設置にあたっては、近隣にお住いの皆さまのプライバシーに配慮し、設置角度などを調整させていただいております。

    バイク駐輪場を整備しました(2007年3月)

    お客さまの声 「バイクと自転車の駐輪場が区別されておらず、バイクを停めにくい」 改善内容 従来、バイクでご来場される方は、国道36号側の自転車置き場に駐輪いただいておりましたが、排気量150ccを超えるバイクは駐輪いただけるスペースが無く、ご不便をおかけしておりました。
    そこで、ドーム歩道橋のそばにバイク駐輪場を新たに112台分整備し、排気量150ccを超えるバイクも安全かつスムーズにお停めいただけるようになりました(無料・予約不要)。ぜひご利用ください。

    敷地内・館内の案内サインをリニューアルしました(2007年2月)

    お客さまの声 「敷地内や館内の案内表示が分かりにくい」 改善内容 従来、とくにお子さまや高齢のお客さまから、「案内看板が小さい、遠くからでも分かる案内表示をもっと設置してほしい。」といった要望が多く寄せられておりました。
    そこで、屋外および館内の案内サインを全面的にリニューアルし、より見やすく、初めて訪れた方にも分かりやすい案内サインとなるよう工夫しました。また、イベントが開催されない日のドームツアー・展望台に関連する案内サインには、観光目的の外国人のお客さまを想定し、従来の英語に加え韓国語・中国語を表記しています。

改善事例には実施当時の内容が含まれており、現在提供している内容と一部異なる場合がございます。

お寄せいただいたお客さまの声を生かすために

コールセンター、ウェブサイト、コミュニケーションコーナーに寄せられた貴重なご意見は、電子化して札幌ドーム全社員で共有し、十分な検討が必要なご意見については、事業本部会議にて改善に向けた議論を重ねています。すぐに解決できないご要望などについては、中長期的な課題として共有し、継続的な調査・検討を行っています。
その他、各種アンケートの実施などを通して、お客さまのご意見に学び、検討課題の抽出、改善に向けた議論、中長期的な課題としての情報共有などを行っております。

  1. 1 コールセンター

    イベントが開催されない日には9:00~17:30の間(休館日を除く)、大規模イベント開催日には、館内からお客さま全員がお帰りになられるまで受付時間を延長しお電話を承っています。受電件数とご意見の内容については電子化し、十分な検討を必要とするご意見についてはその日のうちに全社員に配信しています。

    札幌ドーム(代表)TEL.011-850-1000
    電話受付時間9:00~17:30(休館日を除く)
  2. 2 ウェブサイト

    札幌ドームの公式ウェブサイトでは、お問い合わせとご意見とに分けてメッセージを送信することができます。十分な検討を必要とするご意見については全社員に配信しています。

    お問い合わせ・ご意見
  3. 3 コミュニケーションコーナー

    ご意見をその場で記入し投函いただけるよう、パンフレットラックを兼ねたコミュニケーションコーナーを館内5か所に設置しています。回収されたご意見は電子化し、全社員に配信しています。

    コミュニケーションコーナー設置場所

    • 総合案内
    • トレーニングルーム
    • 2階コンコース(北ゲート側・南ゲート側・東ゲート側)各1か所
    フロアマップ・座席案内

インターネットアンケート「札幌ドーム オンラインリサーチ」

札幌ドームが皆さまにとってより安全・安心・快適にお過ごしいただける施設になるためのインターネットアンケート「札幌ドーム オンラインリサーチ」を2012年度から実施し、リサーチ結果をまとめたレポートを公開しています。

札幌ドーム オンラインリサーチ

今後の改修計画紹介

お客さまや主催者さまからのさまざまなご意見やご要望に基づき、よりよいプレー環境の整備や、より快適に札幌ドームをご利用いただくための改良工事等を随時実施しています。

今後の施設改修